logo
ホーム •  ニュース •  質問と回答 •  イベント案内 •  オンライン署名 •  リンク •  入会フォーム •  アンケート •  お問合せ
 新規掲載イベント
掲載中の案内はありません
 メニュー
JAACコンテンツ
JAACについて
円形脱毛症について
協力医師のメッセージ
JAAC学習懇談会&交流会
厚生労働省に一言
活動報告
広報&活動
保険適用への働きかけ
新聞・雑誌・テレビなどの取材
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  円形脱毛症について  >  症状と種類
 

円形脱毛症の症状と種類

円形脱毛症とは?生まれた後(後天的)に発症する原因不明の、毛の抜ける皮膚病です。多くの場合、痛みやかゆみなどの自覚症状を感じること無く、突然、頭髪や体毛の一部が円形に抜けます。なかには体中の毛が抜けてしまうこともあります。

種類

1.単発型(single\r\nalopecia areata or common alopecia areata)円形脱毛が1,2箇所のタイプ。

2.多発型(multiple\r\nalopecia areata ; MAA)円形脱毛が多発しているタイプ。それぞれが拡大してつながる大型の脱毛になることもある。

3.全頭型(alopecia totalis ; AT)頭の毛がほとんど抜けるタイプ。多発型が広がって全頭型になる場合と、急速に頭髪全体が抜ける場合がある。後者の場合は手で髪に触れば触るだけ抜ける激しい脱毛である。

4.汎発型(alopecia uiniversalis ; AU)頭髪だけではなく眉毛、睫毛、ひげ、体毛など体中の毛が抜けるタイプ。治りにくいため悪性円形脱毛症と記載されている教科書もある。

 

亜型(特殊型)として、

5.蛇行型(ophiasisntype)多発型と考えられるが、頭髪の生え際を一周するように数センチ幅の帯状の脱毛がみられるタイプ。

6.Acute Diffuse Total Alopecia in FemaleADTAF)成人女性において、1〜2ヶ月ほどの短期間に全頭脱毛がおき、その後、数ヶ月で回復するタイプ。

協力医師  植木理恵

前
円形脱毛症について
カテゴリートップ
円形脱毛症について
次
治療

JAAC 日本円形脱毛症コミュニケーション
「Japan Alopecia Areata Communications 」

当サイト内の掲載記事・コンテンツ・画像等の無断転載は禁止させていただきます

Theme designed by OCEAN-NET