logo
ホーム •  ニュース •  質問と回答 •  イベント案内 •  オンライン署名 •  リンク •  入会フォーム •  アンケート •  お問合せ
 新規掲載イベント
 メニュー
JAACコンテンツ
JAACについて
円形脱毛症について
協力医師のメッセージ
JAAC学習懇談会&交流会
厚生労働省に一言
活動報告
広報&活動
保険適用への働きかけ
新聞・雑誌・テレビなどの取材
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  協力医師のメッセージ  >  野見山 朋子 医師
 

−JAACの皆さま−

脱毛症はどの年齢に起きても、また性差を問わず、精神的肉体的なダメージを与える疾患と考えます。診療に際して、患者様ひとりひとりが、一人で悩んでいたり、家族と苦しんでる姿をよく目にします。

このJAACの活動を通して、患者様に円形脱毛症を受け入れ、病気を理解し、また同じ境遇の方と接することで強くなれ、そして新たな力を得ることができれば、今の医療の現状を変えることも可能であると考えます。

私も何かお手伝いしたいという思いから、参加させていただきました。微力ではありますが、何卒よろしくお願いいたします。

野見山朋子医師 (京都府立医科大学皮膚病態制御学 )

前
荒川 明子 医師
カテゴリートップ
協力医師のメッセージ
次
橋本 隆 医師

JAAC 日本円形脱毛症コミュニケーション
「Japan Alopecia Areata Communications 」

当サイト内の掲載記事・コンテンツ・画像等の無断転載は禁止させていただきます

Theme designed by OCEAN-NET